体験的心理療法ワークショップ




日時
2017年10月28日(土) 10時〜17時

講師
金子 周平 先生(九州大学准教授・臨床心理士)
九州大学大学院人間環境学府博士後期課程を修了。
鳥取大学を経て、現在は九州大学人間環境学研究院准教授。
日本ゲシュタルト療法研究所の倉戸ヨシヤ氏の元で50session訓練、スーパーヴィジョン50Session訓練を受けディプロマを取得。
  
会場
九州大学教育心理棟1階プレイルーム
(福岡市東区箱崎6-19-1)
 
対象
臨床心理士あるいは現場の対人援助職の方、臨床心理学を学ぶ学生
ご自身の体験の責任を取れる方
先着15名程度
 
参加費
会員10,000円
非会員12,000円

近年注目されているGreenbergらのEmotion-Focused Therapy(EFT)、
Rennieの体験的セラピーは、クライエント中心療法の厳格派と対比して、体験派(体験的心理療法)などと呼ばれます。
そこではゲシュタルト療法の理論と技法が用いられます。
またEFTを取り入れたYoungらのスキーマ療法においても、特にエンプティ・チェアが用いられます。
こうした技法は、ご自身の体験を抜きにして、表面的なテクニックとして用いることは難しいものです。
今回はゲシュタルト療法、特にエンプティ・チェアを用いたワーク、夢のワーク、イメージを用いたワークなどを、
ご自身のことを取り扱う体験を通して、体験的心理療法とは何かを学ぶ機会を準備しました。

 
*参加者の許可を得て、ビデオ録画を予定しております。

お申込み
こちらのリンクからチラシをダウンロードし、裏面に必要事項をご記入の上FAXしていただくか、
こちらのリンクからWEB申込フォームにてお申込みください。